憲法と法律には密接な関係性がある

法律

憲法と法律には密接な関係性がある

憲法改正に関してテレビや新聞でよく報道されていますが、法律は国民を縛るものであるのに対して憲法は国家を縛るものだと言う概念が定着しています。
だからこそ国家を縛る憲法の改正を権力者である政治家に全て任せるのは大変危険なので最後に国民投票をするわけですが、賛成か反対か決めるのはとても難しいことです。
法律家の考えも色々あり聞けば聞くほど訳が分からなくなってしまいますが、それでもいざ憲法改正が発議された時には国民は1票を投じなければならず自分には関係がないと言う言い訳は全く通用しないです。
それだけ憲法と言うものが重要なのは法律に直接関わって来るからで、憲法が改正されることにより改正される法律も必ず出て来るからです。
その意味でも国民を縛る法律の内容を変更させるだけの力を持つ憲法を改正するのは国民にとって大変重要なことなので、自分の考えをしっかりと持って賛成か反対かよく考えて大切な1票を投じる必要があります。

個人指導塾

かつら 修理
お問い合わせは↑

最新投稿

お知らせ

一覧